たるみ毛穴をカバーする方法

たるみ毛穴の改善とともに、どうしても日々の生活やドレスアップの際には隠したくなることもあります。
私は働く主婦ですが、同じように外に出る人にとっては、1日のうち半分程度化粧をしていることもあります。
そんな時に、やっぱりたるんだ毛穴を見られるのはとても恥ずかしいので、日頃から隠したいという人もいることでしょう。
できればあまり、顔に色々塗ってほしくはないのですが、どうしても隠したいという人のために、カバーで乗り切る方法をお伝えします。

 

 

たるみ毛穴をカバーする方法

たるみ毛穴をカバーする方法として、下地やコンシーラーとファンデーションを使用する方法がベターかなと思います。

 

下地の塗り方

化粧下地はシリコン系の部分用下地を使用し、ムラができないように均等に塗っていきます。
また、少量ずつ塗るようにしてみて、薄い部分には重ね塗りをします。
塗り方は下方向や斜め下方向から上に向かって塗っていきます。
決して厚塗りをしないように気を付けましょう。

 

 

コンシーラーの塗り方

コンシーラーはあらかじめ手の甲につけてから、指で気になる箇所に伸ばし塗りします。
塗る時のポイントは、叩き塗りをすること。
色は自分の肌よりワントーン明るめを選ぶとよいでしょう。

 

ファンデーションの塗り方

リキッドファンデーションやクリームファンデーションは、お肌の凸凹をなめらかに見せてくれるので、たるみ毛穴が気になる人はこちらのタイプの方がよいでしょう。
しかし、厚塗りメイクにならないように、薄くつけることを意識しましょう。
ポイントは、毛穴を埋めるように様々な方向から指を動かしていくことです。
その他の箇所については、基本は顔の中心から外側に向けて伸ばしていきましょう。
パウダーファンデーションは、パフで下方向から上や斜め上に向かって押さえるようにのせていきます。
また、ブラシを使用する場合はまずティッシュ等でお肌の油分をオフしてからパウダーをのせていきます。

 

 

メイク前のポイント

メイクをする前に必ず行っていただきたいことがあります。
それは、『保湿』。
まずはお肌の調子を整えて、しっかりと潤いを与えてからメイクを行うようにします。
クリーム類は油分が多いので、適量を使用してハンドプレスでお肌に浸透させ、様子を見て余分な油分はティッシュ等でオフしましょう。

 

 

メイクも少し気を付けるだけでたるみ毛穴をカバーできるようになります。
個人的には、あまりメイクをするのは好きではありません。
やはりお肌に何かを塗って毛穴を隠すという行為は、あまりよくないと思うのです。
しかし、社会に出る以上そうも言っていられません。
できる限りお肌に負担をかけず、薄塗りでもしっかり毛穴をカバーしていくようにしたいですね。