クレンジングや化粧水を変えるべき?

皆さまが今使用しているクレンジングや化粧水は20代のころ、30代のころに使用していたものと同じでしょうか。
私には30代になって化粧品を変え、40代でもエイジングケアを行うようにしたという友人がいます。
彼女は、50代になった今、40代のころから使用している化粧品をいくつか変えることを検討していると言います。
というのも、若いころはお肌がぷるんっ・すべっとしていて、余程粗悪なものを使用しない限りは肌荒れもなく、す〜っと肌に入っていくのがわかったそうなのですが、30になるころに、突然今まで使用していた化粧品が合わなくなって吹き出物ができるようになったのをきっかけに、試行錯誤したと聞きます。
そして、やっと合う化粧品に出会って使い続けていたところ、40になるとまた急に合わなくなったのだとか・・・。
同じように感じたことがある人もいるのではないでしょうか。

 

 

 

化粧品は変えるべき?

多くの人はコロコロと化粧品を変えているか、同じ化粧品を使い続けているか・・・という二つに分かれるのではないかと思います。
特に、主婦になると女性は働くか旦那が高給取りでない限りは、化粧品にお金をかける余裕がなくなりますよね。
そうなると、ドラッグストアで安い化粧品を見つけては買い、特売の商品は常に変わるので、今回はこれだけど、次回は別のものを使用しているかもしれない人が多いのです。
では、女性は化粧品を変えるべきなのでしょうか?
それは、私の友人のように、年齢によって化粧品を見直す必要があるというのが正解です。

 

 

化粧品を変えるタイミング

化粧品を変えるのにあたり、正確に何歳という区切りはありません。
ただ、今使用している化粧品がある日突然肌荒れを起こすようになったり、肌への刺激を感じたりしたらそれは変えるサインでしょう。
多くの女性は30を過ぎるとお肌の変化を感じますので、このタイミングで切り替えるのもよいでしょう。

 

 

若いころだとクレンジングや洗顔においては、洗浄力が強いものを求めがちになりますが、年を重ねると洗浄力が強すぎるのはお肌を痛め、肌老化を早める原因にもなりかねません。
ある程度の洗浄力を持ち、お肌に優しいクレンジングや洗顔料を選ぶようにしましょう。
また、化粧水については保湿成分が含まれているものを使用するとよいと思います。
洗顔をしたら化粧水をつけ、そのあとのクリーム、美容液、乳液としっかりとケアを行っておくことも大切ですので、忙しくてもスキンケアに使う時間は惜しまずにきちんと確保しておきましょう。